Home » コラム » 『 やりたいことをやる 』 ~水島尚美 ~

コラム 

『 やりたいことをやる 』 ~水島尚美 ~

2015.4.28
mameido aikon

  こんにちは! イラストレーターの水島尚美です。 モットーは「やりたいことをやる」。 そんな自分ですが2年前まではOLをしていました。 小さいころから絵を描くことが好きで 高校大学と美術系に進学し 将来は漠然と絵の仕事をしたいと思いながらも 「こうしたい」という強い信念と自信がなく 「とりあえず」OLに。 最初は仕事が慌ただしくて しばらく絵を描かない日が続き そしてそのうちほとんど絵をかかなくなってしまったのです。 そんなやりたいことをやってない自分へのいら立ちと 自分と絵を繋ぐものが少しでも作りたいという思いから 日本で一番大きなアートイベント 「デザインフェスタ」に出展するようになったのがOLになって3年目のことでした。 それから年に1~2回、デザインフェスタで自分のグッズを販売してはいましたが 地元・福岡では全く活動をしていないし、 これからどうなっていくのかな・・と思っていた矢先 ブースの前を通りがかったお客さんに 「似顔絵描いてもらえませんか?」 と突然言われたのです。 お受けしようか少し迷いましたが、偶然にも 「どうせ暇だろうからお絵かきでもしよう」と 持ってきていた紙と画材があったので お客さんの写真を撮らせてもらい、 後で絵を取に来ていただくという形でOKしました。 初めてのことにとまどいつつ一生懸命描いていると それを見ていた別のお客さん方に 「私も描いてください!」と言われたのですが なにせ突然のことで余裕もなく 名刺だけ渡してお断りすることにしました。 結局、はじめて描いた似顔絵は大変喜ばれて 「自分の今ある技術でこんなに人に喜んでもらえるんだ」と 懐かしいような新鮮なような熱い感動が走ったことを覚えています。 そして後日。 なんと、名刺を渡してお断りした方から 似顔絵の大口注文が入ったのです。 それから、福岡のイベントで似顔絵を描く機会に恵まれ 「その人のいいところを引き出し、誰でもかわいいきらきらしたほんとうの自分に会える」 という気持ちをこめ「アイドル似顔絵」という名前で似顔絵を描いていくようになりました。 デザインフェスタから数か月、 流れるように似顔絵の仕事が入り OLの仕事を辞める決意をしました。 安定を捨てること、 会社に辞めるということ・・それはとても怖いことでした。 なかなか言えない日々が続いた時 「人はもともとやりたいことをやっているんだ」 という言葉を本で見かけ 「ということは、絵を我慢してひたすら事務作業をすることを 私はやりたくてやってるってこと?!んなわけ、ねーだろ!!(汚い言葉づかい失礼します)」 と自分に激しく、はっきりとつっこみを入れ、その足で部長に「辞めます」と宣言しました。 それからはまるで奇跡としか思えないような良いことが次々に起きて 「自分の選択は正しかったんだ」と思うことが出来ました。 自分の本心を見つめて常にやりたいことを選択していくこと。 そして勇気をだして行動してみること。 そうしたら、協力にサポートされるということが たくさん学んだことの中でも印象深いことのひとつです。 イラストレータとして独立して今年で3年目。 今は似顔絵のほかにイラストの仕事も徐々に増えて行っています。 これから自分が知らないような楽しい経験をたくさんしていこうと思います 自分の本心に耳を傾けてやりたいことをやって 自分が笑い、周りも笑わせて生きていく。 それが自分の今、やりたいことです。 E000   MLB
youcandoit

著者紹介

イラストレーターの水島尚美です。 主にきらきらな女の子のイラストを描いています。 広告などのイラスト、アイドル似顔絵のご注文も承っています。
【メールアドレス】info@mizushimanaomi.com 【Twitter】mizushimanaomi
http:mizushimanaomi.com/"target
copyright (c) Arex co., All Rights Reserved.